デパスがだめで好きなセディール!
私の抗不安剤事情

抗不安剤のセディール

薬事法により、2016年の10月から、デパスやアモバン系は輸入禁止となり、個人輸入サイトで購入ができなくなりました。
これらアモバンは、国内でよく処方されている精神安定剤ではありますが、心療内科や精神科、また整形外科でも幅広い現場で処方されています。
その知名度と、即効性のある効果をすぐに感じれることから大変人気のある薬となっています。
しかし、副作用が強く依存者や乱用者が多いのもまた事実です。
もうこれらが個人輸入で購入が出来なくなった今現在、他に代わる薬をお探しの方も多いかと思います。

そんな方々に今回おススメしたいお薬は『セディール』というお薬です。
セディール錠、一般名はタンドスピロン。
1996年に発売された抗不安剤になります。抗不安剤は、起こる不安感を取り去ってくれる作用を持っているので、他「安定剤」や「精神安定剤」とも呼ばれています。
抗不安剤というと、ベンゾジアゼピン系と呼ばれるお薬がほとんどで、現在幅広い現場でも使われています。
このベンゾジアゼピン系というのは即効性があり、効果もすぐに感じやすいため大変人気ではありますが、その効く半面やはり依存者が多く、依存性のある副作用があることを理解しておかなければいけません。
このセディールは、ベンゾジアゼピン系じゃない唯一の抗不安薬になるので、副作用が極めて少ないです。
特にこれといった依存性も無いので服用する者にとって大きな利点になると思います。
副作用として多少の眠気やふらつき、食欲不振などがありますが、ベンゾジアゼピン系と比べればかなり軽いです。
しかし、その副作用が軽いぶん、効果は少し弱めです。
もちろん不安を取り除いてくれたり、鬱を改善してくれますが、効き方としては穏やかに効いてきますので、人によっては少し物足りなさを感じるかもしれません。
しかし安全性に優れているお薬であることには申し分はありません。
デパスを購入できなくなった今現在、このセディールに代えてもいいのではないでしょうか。

抗うつ剤・抗不安剤の総合サイト:うつに効くお薬ランキンgoo.